· 

猛暑対策

こんにちは。

 

うるま市高江洲にある、健康美にこだわった空手サロン『RIN STYLE』です。

 

 

あっという間に7月も終わりですね(@_@)

 

連日の暑さがこたえます・・・

 

 

全国的に猛暑日が続いていますが、沖縄と北海道が気温は比較的低いようで驚きです(;'∀')

 

 

この時期に注意が必要なのが、脱水と熱中症です。

 

 

夏は、気温とともに体温も上昇するので、体は発汗によって体温を下げようとします。

 

その汗には、水分だけでなく塩分も含まれており、この両方が失われることで脱水症になり、それを放っておくと、熱中症や熱謝病へと症状が移行していきます。

 

熱中症は炎天下だけではなく、湿気の多い時期や曇りの日、夜間や屋内でも起こる可能性があります。

 

 

体内の熱を体外へうまく放出できず、体を冷やせない状況にあるときは、あらゆる時、場所でも注意が必要です。

 

 

若年世代では、体力の過信や症状を我慢する傾向もみられ、重症をきたすこともあるようなので、年代問わず注意が必要です。

 

 

脱水や熱中症予防として、

 

 

・涼しい環境と冷却⇒室内では扇風機やクーラーの活用、適度な気温や湿度を保つ。体調に異常を感じたら、いかに早く体温を下げるかが悪化予防のポイントです。

 

 

・こまめな水分補給⇒熱中症の発症は、当日の水分・塩分不足だけではなく、数日前からの不足が原因です。常日頃からのどが渇く前からこまめな水分・塩分補給を心がけましょう。

 

 

・水分だけではなく塩分も補給する⇒一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れ体調不良を生じることもあります。水分補給をするときには、スポーツドリンクや経口補水液、また水には塩や梅干しなどを足すなど塩分補給も行いましょう。

緑茶やウーロン茶などに含まれるカフェインは利尿作用もあるので飲みすぎには注意しましょう。

 

 

 

上記以外にも、日々の健康管理にも熱中症予防には大切です。

 

睡眠不足や、朝食の未摂取などは体調不良や熱中症の発症に影響を与える可能性もあるので、セルフケアもしっかり行いましょう(^-^)

 

 

RIN STYLEでも、特にこの時期はエクササイズの際はこまめな休憩と水分補給を心がけています。

 

対策をしっかり行えば、熱中症はもちろん、予防できることはたくさんあります。

 

 

正しい知識を持って、しっかり対策・予防して健康美づくりを頑張っていきましょう(^^)/